一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症 例

肺性肥大性骨関節症を合併した肺癌の1例

佐藤 浩二1)  岩崎 靖樹1)  小林 剛1)  砂長 則明1)  石原 真一1)  渡辺 覚1)  土屋 智1)  斎藤 龍生1)  森 昌朋2) 

〒377-8511 群馬県渋川市金井2854 1)国立療養所西群馬病院内科 2)群馬大学第1内科

要旨

症例は61歳,男性.主訴は咳嗽,関節痛,下肢の浮腫.胸部X線,胸部CT及び肺針生検により,原発性肺癌の診断を得た.ばち状指,関節痛,骨シンチグラフィーの所見より肺性肥大性骨関節症を合併した原発性肺癌と診断した.血清中成長ホルモンが高値であったが,肺癌の免疫染色では陰性であった.化学療法+放射線療法を行うも抗腫瘍効果を認めず,関節痛が増悪した為,ステロイドを投与した.その後,急速に自覚症状の改善を認めたが,ばち状指の改善は認めなかった.自覚症状の改善に伴い,CRP・ICTPが低下した.また,骨シンチグラフィーの所見も改善した.本症の発症に成長ホルモンが関与している可能性が疑われた.ステロイドにより自覚症状が軽快し,CRP・ICTP,骨シンチグラフィーが治療経過の評価に有用であると考えられた.

キーワード

肺性肥大性骨関節症  肺癌  成長ホルモン  ステロイド  ICTP(I型コラーゲンC末端テロペプチド) 

Received 平成11年7月16日

日呼吸会誌, 38(1): 73-77, 2000

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.