一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

原著

インフルエンザ肺炎84例の臨床像

高柳 昇1)  原 健一郎1)  徳永 大道1)  加藤 貴子1)  金澤 實1)2)  斎藤 大雄1)  生方 幹夫1)  倉島 一喜1)  柳沢 勉1)  杉田 裕1) 

〒360-0105 埼玉県大里郡江南町板井1696 1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科 2)現 埼玉医科大学呼吸器内科

要旨

インフルエンザ肺炎の臨床像・病型分類・ノイラミニダーゼ阻害薬治療成績・予後について,当院で診療した84例を対象に検討した.二次性細菌性肺炎では,先行するインフルエンザに対しノイラミニダーゼ阻害薬を投与された後の肺炎発症例を含むため,ノイラミニダーゼ阻害薬の有効性の評価対象は他の病型のみとした.A型インフルエンザ71%,B型29%,病型は原発性インフルエンザウイルス肺炎27%,ウイルス・細菌混合性肺炎38%,二次性細菌性肺炎18%,分類不能型肺炎17%であった.全体の死亡率が9.5%であり,死亡例は全例基礎疾患を有していた.65歳以下の症例が全体の39%あり,死亡8例中の3例は65歳以下であった.ノイラミニダーゼ阻害薬投与群の死亡率は4.9%,非投与群14.3%であった.症例数が少なく,非対照試験であったため,インフルエンザ肺炎に対するノイラミニダーゼ阻害薬の有効性は証明されなかった.

キーワード

インフルエンザ  インフルエンザ肺炎  インフルエンザ迅速診断  ノイラミニダーゼ阻害薬 

Received 平成18年1月10日

日呼吸会誌, 44(10): 681-688, 2006

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.