一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

原著

高齢者COPDの急性増悪に対するインフルエンザワクチンの効果

綾部 悦里好1)  金子 教宏1)  大国 義弘1)  三沢 昌史1)  井上 恵一1)  田辺 裕子1)  安井 大策1)  佐藤 智恵子1)  光石 陽一郎1)  中下 珠緒2)  本島 新司2) 

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 1)亀田総合病院呼吸器内科 2)亀田総合病院リウマチ・膠原病・アレルギー内科

要旨

COPDの急性増悪は予後を悪化させるためその予防は重要な問題である.我々は,高齢者COPD患者の急性増悪に対するインフルエンザワクチンの有効性についての検討を行った.当院呼吸器内科に通院中の65歳以上の患者で1秒率が70%未満のCOPD患者289例を対象とし,ワクチンを接種した群189例と接種しなかった群100例に分け比較検討した.喘鳴による予定外通院は,接種群では11例(5.8%),非接種群は23例(23%)であり,相対リスク減少率は74.7%であった.肺炎による入院は,接種群で8例(4.2%)であり非接種群14例(14%)に対して有意差をもって減少し,減少率は69.8%であった.ワクチン接種により対象者一人当たり91,525円の入院医療費削減効果を認めた.インフルエンザワクチンは高齢者COPD患者に対して気道感染による急性増悪を減少させ,入院医療費の削減効果も認められた.

キーワード

慢性閉塞性肺疾患  急性増悪  インフルエンザワクチン 

Received 平成19年9月18日

日呼吸会誌, 46(7): 511-515, 2008

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.