一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

多発空洞性肺病変を呈したHodgkinリンパ腫の1例

水守 康之a 望月 吉郎a 中原 保治a 河村 哲治a 佐々木 信a 小橋陽一郎b 

a独立行政法人国立病院機構姫路医療センター呼吸器内科
b天理よろづ相談所病院病理

要旨

症例は19歳男性.主訴は咳嗽,胸痛,血痰.胸部単純X線,胸部CTにて肺野に多発空洞性病変を認めた.頸部リンパ節生検よりHodgkinリンパ腫と診断されたが,肺病変については抗酸菌感染症や真菌感染症を否定できず,診断確定のため胸腔鏡下肺生検を施行した.切除した肺腫瘤の組織からは抗酸菌や真菌等の病原体は認められず,CD30陽性の大型異型細胞を認め,Hodgkinリンパ腫の肺浸潤と考えられた.肺腫瘤の中心には腫瘍細胞の浸潤により閉塞した血管を認め,空洞形成の原因と考えられた.化学療法により肺病変は消失した.初発時に多発空洞性肺病変を呈したHodgkinリンパ腫はまれであり,貴重な症例と考え報告する.

キーワード

Hodgkinリンパ腫 空洞 肺病変 胸腔鏡下肺生検 

Received 4 Jul 2011 / Accepted 21 Dec 2011
連絡先:水守 康之
〒670-8520 兵庫県姫路市本町68
独立行政法人国立病院機構姫路医療センター呼吸器内科

日呼吸誌, 1(4): 337-342, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.