一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集
sysmex

書誌情報

症例

ネズミ忌避剤(ハッカ油)の吸入による外因性リポイド肺炎の1例

村瀬 享子a 野田 一成a 大滝 美浩a 安田 順一a 青木 茂行a 清水誠一郎b 

a公立昭和病院呼吸器内科
b同 病理診断科

要旨

症例は64歳,女性.2011年12月上旬に咽頭痛,咳嗽,微熱を主訴に来院し,血液ガス分析の結果,I型呼吸不全状態であり入院となった.胸部X線写真はすりガラス陰影を呈し,気管支肺胞洗浄液の脂肪染色で脂肪貪食肺胞マクロファージを認め,リポイド肺炎と診断した.問診にてネズミ忌避剤スプレーの使用が判明し,その成分であるハッカ油がリポイド肺炎の原因と考えた.薬剤の中止とステロイドパルス療法を含めた治療により,症状と画像所見は徐々に改善した.精油によるリポイド肺炎の報告はなく,貴重な症例として報告する.

キーワード

ハッカ油 外因性リポイド肺炎 ネズミ忌避剤 

Received 6 Feb 2013 / Accepted 29 Mar 2013
連絡先:村瀬 享子
〒187-8510 東京都小平市花小金井8-1-1
公立昭和病院呼吸器内科

日呼吸誌, 2(4): 466-470, 2013

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.