一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

アセトアミノフェンによる薬剤性好酸球性肺炎の1例

上田  宰a 新屋 智之a 内田 由佳a 木村 英晴b 笠原 寿郎b 北  俊之a 

a国立病院機構金沢医療センター呼吸器内科
b金沢大学附属病院呼吸器内科

要旨

アセトアミノフェン(acetaminophen)は好酸球性肺炎を引き起こす可能性がある.症例は79歳,女性.アセトアミノフェンを含有する総合感冒薬を内服後に呼吸困難を自覚した.胸部CTで両側の肺野に多発性のすりガラス斑状影を認め,末梢血および気管支肺胞洗浄液中の好酸球増多,薬剤の投与歴,過去の薬剤性肺障害に関する報告例からアセトアミノフェンによる薬剤性好酸球性肺炎と診断した.被疑薬の中止とステロイド投与により速やかな改善を認めた.アセトアミノフェンは使用頻度の高い薬剤であるため,肺障害に関する報告例の集積はきわめて重要である.

キーワード

薬剤性好酸球性肺炎 アセトアミノフェン 気管支肺胞洗浄液 

Received 16 Jul 2018 / Accepted 5 Oct 2018
新屋 智之
〒920–8650 石川県金沢市下石引町1–1
国立病院機構金沢医療センター呼吸器内科

日呼吸誌, 8(1): 42-46, 2019

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.