一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

維持透析中に急性増悪をきたしたステロイド治療抵抗性関節リウマチ関連間質性肺疾患の1例

川﨑 貴裕 福井  潤 小中 八郎 藤本  潤 小林久美子 藤原 弘士 

大阪急性期・総合医療センター免疫リウマチ科
現所属:大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学

要旨

症例は47歳女性.維持血液透析(HD)中に関節リウマチ関連間質性肺疾患(RA-ILD)の急性増悪をきたした.高用量のステロイドでは改善しなかったが,シクロスポリン(cyclosporine A:CsA)および低用量のシクロホスファミド(cyclophosphamide)静注療法(IVCY)の追加にて改善した.HD中であっても,RA-ILD増悪時にCsAやIVCYの投与も考慮されうることを示唆する症例として報告する.

キーワード

関節リウマチ関連間質性肺疾患 血液透析 シクロホスファミド シクロスポリン 

Received 8 May 2018 / Accepted 16 Oct 2018
川﨑 貴裕
〒558–8558 大阪府大阪市住吉区万代東3–1–56
大阪急性期・総合医療センター免疫リウマチ科

日呼吸誌, 8(1): 62-66, 2019

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.